M&cooky model workshop

模型工作の復活日記です。

久ふりの紙飛行機

ホワイトウイング01 ホワイトウイング02

何年ぶりかな、紙飛行機。でも胴体はバルサです。(これはそういうキットです。)
ケント紙を重ねて作る飛行機は紙の性質をよく理解しないととんでもないことになります。
それと、接着剤はセルロース系(また出てきたかもこの名前)黄色いセメダインCですね。
懐かしいにおいがします。大昔にシンナー遊びがはやった頃、トルエンやキシレンが
入っている接着剤が問題になりましたね。今は大丈夫・・・かも。・・すってませんよ!

この飛行機は水平尾翼がとっても大きく、重心位置が主翼の後方にセットされています。
フリーで飛ばす(ラジコンとかなしで)模型飛行機はこのような設定がよくあります。
もし、この飛行機に乗って操縦しなさいと言われたらたぶんうまく飛べないでしょうね。
前に水平尾翼(あっ、前だと尾翼じゃないです)があるのよりはいいかな。
ライト兄弟は飛行機でヒット商品を出せなかったのもこの翼とチェーンにこだわったからですからね。

で、飛ばそうと思ったら雨が降ってきたので延期です。これが20秒飛ぶなんてたぶん無理だと思う。
ん?できるかな?
そういえば3000ftからスタートして5時間以上飛んだことあります。何度も。無動力のグライダーに乗って。
スポンサーサイト
  1. 2014/12/28(日) 00:41:56|
  2. ハンドランチグライダー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<初飛行は12秒 | ホーム | 雪だるまとUFO>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mwcooky.blog81.fc2.com/tb.php/277-09d423f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)