M&cooky model workshop

模型工作の復活日記です。

みけ

みけ
ポリパテでねこのみけを作った。アニメ スケッチブックに出てくる”みけ”は博多弁(猫言葉の)をしゃべる。梶原空さんがいつもえさをくれるのだけど、それは賞味期限の切れたものばかり。猫仲間で夜を徹してお祈りをするのだった。空さんはミケたちが喜んでいるものとばかり思っていた。でも、弟の青くんに指摘されて、新しい魚を出した。ミケたちは大喜びでその魚を平らげる。
何でもない日常が、楽しく描かれている。すてきなアニメです。
空と渚
渚先輩と空。雨が降るかもしれないのに写生会に出かける。自然なかですてきな景色を見つけた。
このときの二人をフィギュアで作っています。雨が降るけど麦わら帽子に水筒。スケッチブック。半袖のシャツ。でも、リュックの中にはちゃんと傘がさしてある。
この二人の何気ない会話がとても好きです。雨が降りそうな空を鳥が低く飛んでいる。渚はそれを見て、虫が低く飛んでいるね。それを聞いた空は、えっ?虫?。空気が湿気てくると虫たちは羽に湿気が含まれて低く飛ぶ。それを鳥たちがためようとして低くとぶんだ・・・・
スポンサーサイト
  1. 2012/04/30(月) 01:27:39|
  2. フィギュア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

世界で一番悲しい航空機映画

アメリア2
『アメリア』を見ました。飛行機で世界一周がまだできなかった頃。アメリアという女性がチャレンジする。双発飛行機に燃料をいっぱい積み込んで。
『翼よあれがパリの灯だ』はリンドバーグの大西洋横断飛行。航空機映画ってサクセスストーリーが多いのに。
『星の王子様』のサンデクジュペリは砂漠に不時着した体験からこの小説を書いた。初めて読んだときは悲しくて涙が止まらなかった。かれも、最後はP38に乗って飛び立ったまま未だにかえってこない。
『アメリア』は最後まであきらめずに太平洋へ飛び立った。
アメリア1

  1. 2012/04/29(日) 01:08:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もう7年前になるんですね。

7年前、我が家の子どもたちは3人ともJR福知山線で、尼崎駅経由で学校に通っていました。あのとき勤務先でたまたまテレビの臨時ニュース見て真っ青になりました。慌てて3人に電話したけれど通じない。とても不安になりました。昼を過ぎてしばらくしてから娘から電話があってほっとしました。講義中で電話に出られなかったということでした。「弟は私より前の電車だからたぶん大丈夫。」で長男はいつも妹たちより少し後に出ている・・・・いつもこの時間帯の電車に乗っている・・・「たまたま今日は休講だったので大学へ行かなかった。」ずいぶんたってから電話が通じた。いつもこの時間の電車で、前から2両目くらいに乗っているそうだ。なんともいえない気持ちになりました。近所の方や同じ職場の家族の方も事故に会われた方がいらっしゃいます。子どもたちのほんの少しの電車の違い。簡単には喜べない。私も時々このJR福知山線で尼崎まで行きます。先頭車両から、高速道路をくぐって高架になり山陽線に合流する景色は鉄道が好きな私にはたまらない所だったのに・・いまはただ、ここを通るとあの日のことを思い出します。もう二度とこんな事故が起こりませんように。
  1. 2012/04/26(木) 02:01:39|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

指の手術後、抜糸しました。でもピンチ!


先週、指の手術した跡の抜糸をしました。指が自由に動くって、こんなに気持ちいいことだったんですね。指の可動範囲は正常に戻りつつあります。で、何がピンチかというと5月5日のトレフェスディーラー申し込みしてたこと。おととい入場パスが届いた。出品する予定の作品が完成していない!それに、7月のワンフェスも申し込んでいて初めて当日版権というのに申し込んだ。本申請の締め切りが5月9日必着。ということはトレフェス前には郵送しないといけない。分かってたことなんだけど指が動かなくなって、そして手術。この1ヶ月は何もできなかった。ラジコンのスティックぐらいは動かせたんだけど・・・。そんで、先週くらいから作業に集中。また、指を酷使してしまった。手術後先生に、この指、再発しますか?って聞いたら。絶対に再発しません。(その指は)と言われたので調子に乗って作業した。なんかじわじわといたくなってきた・・・・ああ、どうしよう。
スケッチブック3人

7月に出品するのはこの3人。「スケッチブック」という4コマ漫画のキャラクタ。
アニメ化されたのはもう7年くらい前になるので知っている人も少ないですね。なんで今これなのかって。それは話せば長いのですが・・・
やっぱり長いので明日にします。

  1. 2012/04/25(水) 01:14:45|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プラモデル衝動買い


グライダーのプラモデル珍しかったので買ってしまいました。まだ作っていないプラモデルたくさんあるのにどうするんだ?でもデュオディスカスかっこいいですね。以前に乗ってみないかって言われたけど自分のクロスカントリーのスケジュールがあったので断ってしまった。惜しいことをしたな。映画にも出てたよ。えーっと007の役もやってた人。誰だったかな?実業家のお金持ちで、絵画のコレクションも・・・・でも有名な絵画を美術館から盗んでしまう。趣味はヨットにグライダー。かっこいい。そのときこのデュオディスカスに彼女を乗せて・・遊んでいるうちにアウトランディング・・・うーん映画の題名が思い出せないよー。
  1. 2012/04/24(火) 01:08:24|
  2. 模型工作室
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ちょっと空から撮影


ハンドランチグライダーにkeycam(#11)をつんで撮影しました。動画なんだけどアップの仕方が分からないのでキャプチャーした写真を載せました。
神社の桜もまだまだきれい。
lift01.jpg
今日一番の高度。弱いサーマルを粘って4分くらい。
migi01.jpg
右側を撮影
swarow.jpg
写真の右にちらっとツバメが。
たくさん飛んでいたので一緒にとんだ。でもツバメはすごく早いので追いつけないです。
usiro01.jpg
私の写真見えるかな?
usiro.jpg
ビデオからのキャプチャーにしてはよくとれています。このカメラ結構性能いいですね。ワイドレンズもつけています。でも空気抵抗はおおきくてランチ高度は低いです。(もともと低いけどね)



  1. 2012/04/18(水) 19:16:12|
  2. ハンドランチグライダー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日も少し田んぼにいきました

今日もリハビリのつもりで軽くと思って田んぼへハンドランチグライダーを持っていきました。1回目ウオーミングアップのつもりで軽く投げました。とっても低い高度だけどプラスあります。どんどんあがって次のサーマルへ。小さなサーマルだけど粘って4分。2回目は3分。3回目は2分・・・そのあとは南風に変わりベターッ。絹層雲。積雲はどこにもありません。急に雲が1本の筋になって黒く立ちこめてきました。底はでこぼこで少し雨でも振っているような感じ。ちいさな空気の境目ですね。温度も少し下がってきました。ヒバリがぴーぴー鳴きながらあっという間に高高度。羽ばたいているのだけど・・思わずヒバリめがけて投げ上げました。リフトは小さくほとんどゼロ粘り。タイマーもスタートせずに終了です。
きょうはおばあさんに声をかけられました。
「エンジンの音しないね。気持ちいいね。上手に飛ばしてるね。」
ほんと、ありがとう。
「たのしんでやぁ」
荷物まとめて徒歩で住宅地までかえるとおじさんが
「だいぶうまくなったねぇ」
えっ?この人と誰だったかな。
「隣の畑におったから、見てたで」
あ、ありがとうございます。
おじさんは一輪車を押しながら住宅街に消えていった。


  1. 2012/04/16(月) 01:19:58|
  2. ハンドランチグライダー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

がまんできなくて飛ばしにいきました。


右手の手術で長い間飛ばせていなかった。まだ抜糸していないけどがまんできなくて飛ばしにいきました。指はちゃんと動くのですが、糸があたるといたいです。感染症も怖いので革の手袋をしてランチUPです。あれ?この方がいいかも。いつもペグで指の皮がすり減っていたから・・・。
近くの神社の桜は満開です。
torakuta0413.jpg
飛ばしていたら近くでトラクターで田んぼを耕していたおじさんが駆け寄ってきた。邪魔だとしかられるかなとちょっとビビった。
「何してるんや?それラジコンか?エンジンとかついとるんか?」
ーあぶないからこんなとこで飛ばすなー って続くと思った。(まえにエンジン機飛ばしてたときはよくあったシーン。)

「は・・・はい。ラジコンです。エンジンはついていません。手で投げあげているんです。」

「ほーそうか。サーボとか持つんでいるんやな?」
(詳しいな・・・)
「わしもここでモーターついとるのん飛ばしたことあるんやで。」
「あっ、そ、そうですか」(ほっとした。おっちゃんはおこってなかった。)
「ほー、どれどれちょっと見せてくれるか」
「ここにちっちゃなサーボと電池積んでるんですよ。それに・・・テレメトリ・・・って」
一生懸命説明した。

「さっき気流うまくつかんでたな。」「ええなー」と
手に取りながら、なかなかマニヤの目線。
「あ、田んぼに入ってごめんなさい。」
「かめへん、かめへん、田んぼすくまでは気にせんでええで」
「ほながんばりやー」
手を振りながらまたトラクターに乗って田んぼを耕し始めた。
けっこう近所にラジコンやってる人いるんやな。ちょっとほっとしました。

「そのあと北風にかわり5~6m/s
渋いリフトで少し飛ばしておしまいにしました。
手もちょっと気になります。来週は病院で抜糸です。

tannpopo0413.jpg
ほんとに代わり映えしない写真です。
まわりのタンポポもたくさん咲き始めました。
今日はマクロレンズで絞り解放です。いつもと違った写真が撮れました。
  1. 2012/04/14(土) 02:10:03|
  2. ハンドランチグライダー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パイカートの写真


パイカートの写真がなかったのでビデオで撮った映像からキャプチャーしました。フライト前のちょっとした井戸端会議みたいなのです。このときはたぶんサーマル待ちです。雲の底までの高さが低いと距離飛行にはなかなかスタートできないのです。wik2000.jpg
飛行機に引っ張ってもらって1000ftくらいまでつれてってもらいます。それから5000ftから10000ftくらいまでは自分でサーマル見つけて上昇します。長距離といっても500kmくらいを飛ぶときは時間がかかるので朝の雲がまだ低いときでも飛び出します。低いと次のサーマルを見つけるまでに距離が稼げません。サーマルを見つけられなければアウトランディング(飛行場以外に着陸すること)してしまいます。
towP2000.png
引っ張ってもらうのはこんな飛行機です。農薬散布などに使われている飛行機ですね。
discus_a2000_convert.png
格納庫ではがんばってワックスがけをしました。
  1. 2012/04/13(金) 01:20:10|
  2. ソアリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

青空のパイカート


パイカートとはサンドウィッチやパイを売ってる屋台みたいなカートのこと。オーストラリアのグライダー飛行場では舗装されたランウェイは使わないでその横の草地を使います。その発着の横にパイカートをおいてトランシーバーを設置して運行管理します。ちょっとした休憩にも使えます。風向きが変わると車で引っ張って移動します。そんなパイカートを舞台にちょっとしたストーリーを考えました。絵本のように話を進めたいのですが、イメージを浮かべるのに小さなフィギュアを作ってみました。彼女たちは空を飛ぶ前にグライダーの仕組みをハンドランチグライダーで勉強します。サンドウィッチを売りながら資金集め。いつか自分たちのグライダーで空をとぼうとがんばっています。そんな彼女たちにグライダーを提供してくれる老人と男の子が現れます・・・
  1. 2012/04/08(日) 00:45:26|
  2. ソアリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「A列車でいこう」をみました。

今日(金曜日)病院の帰りにふらっと映画を見ました。僕達急行 A列車でいこう です。鉄道の映像がとてもきれいでした。鉄道マニアの主人公もほのぼのとしていてとてもゆったりとした気持ちになります。鉄道旅行もいいだろうなとおもいます。ずっと前に富山のスキー場へ仕事で行ったとき大雪が降ってノーマルの車で帰れなくなりました。結局先にかえらないと行けない私は電車に乗ってかえることになったのですが、新雪のたっぷりつもった田園(たぶん田園)のなかをディーゼルの2両編成の列車に乗りました。高山と富山を結ぶ列車だったと思います。長靴を履いた高校生。大きな荷物を持ったおばあさん。乗客はほんの少し。途中の駅にはだれもいなくて扉も開かない。曇ったまでをふいて景色を眺めました。真っ白な雪の中をときどき黒い煙を吐きながら駆け抜けていく列車を遠くから眺めている自分がいたような気がします。
小さいとき鉄道が大好きで梅田の貨物操車場によく蒸気機関車を見に行きました。いまのヨドバシカメラのあるあたりですね。いろんな線路に長い長い貨物列車が出たり入ったりして貨物を種分けしていました。転がっていく貨物に一人ずつおじさんが乗っていてブレーキを操作しながら分かれていきます。ひとつまたひとつ貨物が少なくなっていきます。やっと終わったと思ったらまた長い長い貨物列車が到着してくるのです。見ているだけで楽しかった。
いろんなことを思い出させてくれる映画でした。

指は順調に動くようになりました。工作も再開できそうです。鉄道模型はちょっと手が出せないでせけど・・・。
  1. 2012/04/07(土) 02:00:38|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無事に終わりました。

右手の手術無事に終わりました。実際に手術にかかった時間は10分ほどです。点滴や麻酔の注射の方が痛かったです。そろそろ麻酔も切れてきそうですが今のところ大丈夫。ちょっとおおげさな包帯が気になりますが・・・。指の付け根を少し切るだけなのに手術室に入るととても大掛かりなことになりますね。5人掛かりで処置してくださいました。ピットインしたF1カーの気分でした。またコースに出て行くぞー!
(今日一日はおとなしくしときます)
  1. 2012/04/05(木) 18:37:53|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日、手術します。いたいかなぁ・・・

工作室復活してからどうも親指がすぐに痛くなります。湿布したりしてごまかしていましたが、良くならないので病院へ行ったら「腱鞘炎」だそうです。
「注射で押さえる方法もありますよ」と整形外科の女医さん
「でもなおる確率は30%以下ですね。」
「工作を続けたいのですけど・・・」
「それじゃ切りますか?」
「え?」
「手術して鞘の部分を切ってしまうんですよ」
「工作できますか?」
「作業続けるんだったら手術しましょう」
という話が1週間ほど前にありました。
そしていよいよ明日手術です。痛いかな。ちょっとこわいですね。
明日は右手だけです。ひだりても良くないのですが、両方同時だと不便なので日程をずらします。

腱鞘炎っていうのはハンドランチグライダーのエレベーターやラダーを操作するためのリンケージと同じ
指を曲げるためにけんをのばしたり縮ねたりするときにけんがずれないようにパイプでカバーします。
ハンドラんちではカーボンパイプにギーターの弦をよく使いますが・・・その弦の部分がはれて(さびるとか)ススムーズに動かなくなるのと同じですね。パイプのほうを切って広げるような手術です。
(長万部飛行機のすべすべ君を塗ればいいのですが・・・)
仕方ないですね。歳のせいです。運動不足ですね。
しばらく工作はお預けかな。
アラミド繊維とかカーボン繊維とかそろってきたのでそろそろ自作しようと思ってるのにな。
今飛ばしているハンドランチグライダーは完成期を購入したのでちょっとプライドが許しませんね。
少し性能が悪くても自分で設計したんだっていうとこ主張したいな。
指がなおるまでコンピュータでいろいろデザインを修正してみます。
  1. 2012/04/05(木) 00:52:12|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

風速30mあったね。


今日はとても強い風が吹きました。ちょっと怖かったです。
全然話が飛んじゃいますが・・・ずいぶん前にこんなのに乗ってました。Disucus-aです。スタンダードクラスでフラップはついていません。翼幅は15mです。上空ではとても静かです。
Discus009.png
ノーマルのウイングレット

Discus004.png
翼端を付け替えることができます。ちがいがはっきりする訳ではありませんが、サーマルを見つけたときの反応が敏感なように感じます。
LS8.png
LS-8も近くにいました。翼端はもっと個性的なデザインです。15mクラスの最新鋭機(当時)ですね。

Discus005.png
このグライダーが静かな点はもう一つ理由があります。オーディオバリオ(昇降計)がないことです。上昇気流に入るとびーぴーぴーと音で知らせてくれる。私のお尻はオーディオバリオよりも敏感だから必要ないのです。(本当は予算がなかった)サーマル(熱上昇風)を静かに上っていくのはとても気持ちがいいです。

あっ。風速の話。1日飛んでいて着陸しようとしたら20m/s位の風が吹いていたことがありました。正面からの風で強いけど一定に吹いていました。地面に近づいてからホバリングしているような景色です。でもこんなときは速度を上げて侵入します。地面から20mくらいで急に風速が下がるからです。速度計だけでいつも通り侵入すると急に対気速度がなくなって失速してしまうからです。これは絶対わすれてはいけません。機体を壊すだけでなく命も危ないかもですから。
(このまえハンドランチでやっちゃいました。風が強いのにフワフワと侵入して1mくらいからどすんです。あたまから地面に突き刺さりました。ラジコンで良かった)
  1. 2012/04/03(火) 21:51:28|
  2. ソアリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

降水確率40%


雨が降りそうなのに麦わら帽子にスケッチブック。大きな水筒。でもリュックにはちゃんと傘を入れています。空さんはスケッチが大好きなのでした。
少ししか進んでいません。でも少し進みました。
sora04.jpg
ポリばてを削り始めるとホコリだらけになります。換気扇で空気のなかれをつくってこっちに飛んでこないようにしています。ここんところ天気はいいけど風が強いです。週末はハンドランチは飛ばせませんでした。昨日はとてもいい雲が出ていたのにな。そこが平らな積雲。それが連なったクラウドストリートがたくさんありました。実機のグライダーでは最高のクロスカントリー日和ですね。
  1. 2012/04/03(火) 00:46:12|
  2. フィギュア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0